エレサス(最新微弱電流治療器)

ケガをした損傷個所をより速く治す医療機器です。今、使われている医療機器の中でケガの修復に関して一番の効果があります。
平昌・リオデジャネイロオリンピックの日本人選手をケアする「ハイパフォーマンスセンター」にも使用されました。

ハイチャージ184

こちらの医療機器も同様に、「ハイパフォーマンスセンター」に設置されました。
ハイチャージは細胞に刺激を加えて細胞の代謝を活発化します。
ひとつひとつの細胞の動きを良くし身体に栄養を吸収しやすく、逆に必要なくなった尿酸や乳酸を排泄しやすくします。
効果:疲労を取る、ケガしにくくする、持久力の向上、細胞の若返り(活性化)

テーピング

ケガをした状態で動かすと悪化するためテーピングを施します。
テーピングには強・中・弱とケガの損傷具合に応じたテーピングを巻きます。
お風呂にも入れるテーピングもあります。

包帯固定

包帯固定を行う事でケガをしたことで起こる浮腫みや腫れを最小に抑えます。
包帯固定、テーピングとも治療を行った後で巻きます。
自宅でアイシングの際に使用するアイスパックは無料で差し上げています。

ケガを速く治す!必見!微弱電流治療!

微弱電流治療を行うとケガの治癒が2~3,5倍速くなります
(治癒率200~350%)
ケガの治癒に必要な事は(ATPエネルギーを作る事、アミノ酸摂取、たんぱく質合成)

エレサスが流す500μAの微弱電流はATP生成5倍増加
アミノ酸摂取は100~500μAを使用すると30~40%増加します。 
当院にも開業当初導入しましたが、一般的な整形外科や接骨院で扱う『干渉波』や『SSP』という電気治療器はミリアンペア(ⅿA)といって電量強度が強すぎる為、
ATP生成は減少し、アミノ酸摂取も20~73%減少、たんぱく質合成は50%抑制された。
ビリビリと感じる強いミリアンペアは治癒を阻害し、より低いマイクロアンペアは治癒を促進する事が、アメリカ合衆国のPT.Neil.Primack氏によって述べられています。

powered by crayon(クレヨン)